ページ内移動用のリンクです


事業所紹介

館林工場

館林市は鶴舞う形と言われる群馬県の東南端、ちょうど鶴の頭の部分の位置にあります。童話でも名高い「分福茶釜」の茂林寺やつつじで知られる「県立つつじヶ岡公園」、また、2度の宇宙飛行で世界的に著名な向井千秋さんの故郷でもあります。当工場は館林市の西部に位置し、近藤工業団地というところにあります。館林は首都圏まで80km圏内ということもあり交通機関では東武伊勢崎線、東京浅草までは特急で1時間、自動車では東北自動車道館林インターチェンジから都心まで1時間程度です。

工場概要

所在地 群馬県館林市近藤町415番地
TEL:(0276)74-8445 FAX:(0276)72-2040
操業開始 1982年4月
従業員数 103名(2017年4月1日現在)
事業 通信機、電子機構部品の表面処理
沿革
1982年4月
操業開始
1998年8月
ISO14001環境マネジメントシステム
JQA登録認定
1999年5月
新工場へ統廃合完了
2005年11月
ISO/TS16949品質マネジメントシステム
JQA登録認定
2011年3月
OHSAS18001:2007認証取得

生産設備

フープめっき:金、銀、パラジウム,ニッケル、錫、半田

工場特徴

1.自動倉庫システム

製品入荷から製品出庫まですべてコンピュータ管理されており、常時、先入れ先出し在庫管理がタイムリーに行われています。

2.コンピュータコントロールされた生産管理システム

当工場3階と5階には生産ラインが設備されており、14ライン全42条の強力生産体制で、迅速かつ安定した品質で、お客様のニーズにお応えしております。

3.業界隋一のルブリカント処理

防錆用封孔技術を、当社独自に開発致しました。

4.部分めっき方法は全てJXPTオリジナル

部分めっき装置は全て内作し、即納期対応可

MAP