ページ内移動用のリンクです


事業所紹介

館林事業所

館林市は鶴舞う形と言われる群馬県の東南端、ちょうど鶴の頭の部分の位置にあります。童話でも名高い「分福茶釜」の茂林寺やつつじで知られる「県立つつじヶ岡公園」、また、2度の宇宙飛行で世界的に著名な向井千秋さんの故郷でもあります。当事業所は館林市の西部に位置し、近藤工業団地というところにあります。館林は首都圏まで80km圏内ということもあり交通機関では東武伊勢崎線、東京浅草までは特急で1時間、自動車では東北自動車道館林インターチェンジから都心まで1時間程度です。

工場概要

所在地 群馬県館林市近藤町415番地
TEL:(0276)74-8445 FAX:(0276)72-2040
操業開始 1982年4月
従業員数 57名(2021年4月1日現在)
沿革
1982年4月
操業開始
1998年8月
ISO14001環境マネジメントシステム認証取得
1999年5月
新工場へ統廃合完了
2005年11月
ISO/TS16949品質マネジメントシステム認証取得
2018年1月
IATF16949認証取得
2021年4月
館林工場から館林事業所に名称変更

保有設備

フープめっき(精密部分めっき、ストライプめっき)、工作機器

事業所の特徴

1.最先端めっき技術や新製品の開発

JX金属プレシジョンテクノロジーのめっき技術および新製品の開発拠点として、最新技術の研究、開発に取り組んでおります。環境、装置・設備、計測・評価、工具、材料、加工手法などのあらゆる観点から、新規高精度・高難度めっき製品に関する技術開発を進め、お客様の様々な高機能製品化のニーズに的確にお応えしております。

2.迅速な試作・量産化対応

弊社保有の試作専用設備や高精度な工作機器を活用し、お客様のニーズに対する迅速な試作対応が可能です。図面受領から通常で2週間、最短で1週間程度での試作品提供を目指しております。また量産拠点の江刺工場および掛川工場と密に連携しており、早期量産化に向けた支援も実施いたしております。

MAP